初心者から簿記に受かる勉強法 初心者から簿記に受かる勉強法 講師について

簿記Q&A

一般事務として働くためには、最低でも簿記2級は必要というのは本当ですか?

更新日:2017/03/22

  • facebook

一般事務に簿記は必要?

イメージ

「簿記がなくても事務やってますよ!」とおっしゃられる方も多いでしょう。私も会社員時代、経理部に所属していた経験がございます。事務系のフロア全体を見回しても、社員全員が簿記検定を持っていたわけではありません。むしろ、簿記すら知らないまま事務をしていた方も多くいました。したがいまして、簿記がなければ事務の仕事ができないかと問われれば、当然答えはNOです。

しかしながら、事務系の仕事を今後のキャリアアップに見据えて転職、あるいは事務系の仕事を、自分にとって有利な条件で継続する(時間的にも金銭的にも)ことをご検討中の方には、簿記の資格、あるいは知識をお持ちになられることをお勧めします。 簿記の知識がなくてもできてしまう入力業務や書類整理等も事務の重要なお仕事の一つですが、上長や経営層に対するやり取りがなく、また年齢層が若い方や非正規の方に、とってかわられやすい業務であることは事実です。さらに、現在、社外で単純な事務作業を処理するサービスはどんどん新しいものができており、非常に安価です。

するとどのような役割が事務系職種に求められるかと申しますと、「会計の全体像を把握しながら事務処理を行うこと」「誰にでも通じるような根拠を持った説明ができる理論的背景を持つこと」等が考えられます。例えば、あなたが経営者だとして、是非考えてみてください。単純な伝票の整理・入力をしている事務系人材と、いつでも社長に説明できるような数字を扱う事務系人材、どちらが会社にとって重要でしょうか?どちらの人材を大切にし、長く勤めてほしいとお考えになるでしょうか? 簿記の資格試験で習得する用語は、国内で共通する会計用語です。言い換えれば、経営者、銀行、税務署、会計士、そういった方とお話しするための前提知識です。 事務系のスペシャリスト、事務系を一生の仕事、と考えておられる方にこそ正確な知識を資格試験を通して身に着けていただき、将来にわたって豊かな生活を送るための手助けにして頂きたいと願ってやみません。

事務系には簿記2級が必要?

この問いに対しては、ご自身が志向されるキャリアによって異なるというのが正解でしょう。「それでは答えになっていないよ」という方が多いかと存じますので、順次ご説明差し上げます。

簿記3級の知識ではなく簿記2級が必要になる方と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、製造業にお勤めの方、あるいは製造業への転職に興味があるという方です。 簿記3級は商取引中心、しかも小規模な会社を想定しております。従いまして、製造業で使用する知識の多くが未学習になります。そのため簿記2級の範囲を学習することが必要になってくるわけです。製造業において会社が使うお金の大部分を占める「ものを作るのにかかったお金」について理解している事務と、理解していない事務で大きな差が出てしまうのは致し方のないところではあります。私自身、製造業での経理経験がございますが、原価の仕組み等がわからなかったらきっと苦しかっただろうなという印象です。

事務系に向けた転職で簿記2級まで必要?

公の機関が統計を取っているわけではないので細かな数値が出ているわけではないのですが、経理職の採用では簿記2級を採用条件にしているところを多く見かけます。また税理士事務所等の職員募集も大半が簿記2級以上です。結論から申し上げまして、事務系職種の転職に活用することを考えておられるとしたら、簿記2級を目指すのが得策だと考えます。

とはいえ、「事務をやりたいけど、いきなりそこまで勉強できるかどうか不安」という方ももちろんいらっしゃるかと存じます。でしたら簿記3級からゆっくり始められるとよいでしょう。希望の転職先は私たちの簿記の勉強が終わったタイミングで求人を出してくれるわけではありません。求人を出したときに、そこに簿記2級有資格者の人物が応募者の中にいなければ、簿記3級であっても採用選考のラインに乗ることもあるかもしれません。簿記3級取得後、簿記2級を学習中であることをアピール材料にすることも手段の一つです。事務にご興味がおありでしたら、尻込みせずになにがしかの学習を開始してみてください。きっとそこから自然と道が開けることもあるはずです。

古い言葉ですが「案ずるより産むがやすし」です。「始めてみたら以外と簡単」「楽しくなってきたからもっと勉強したい」という方をたくさん見ます。そういう人に限って、実は、簿記3級の初回は不安そうな顔で授業を聞いていたものです。なんだったんでしょうね、あれは。

>> 簿記スクールの資料請求

簿記の講座選びならBrushUP学び簿記の講座選びならBrushUP学び

簿記のスクール、予備校、通信講座を検討するなら「BrushUP学び」の利用をおすすめします。簿記検定対策講座の費用と期間を級別に解説していてわかりやすいです。通信講座を中心に、全国の大手の学校から地域のスクールまで一括で資料請求ができるので、独学でやるか、受講するかで迷っている方にも便利です。

簿記の資料請求はこちらから