初心者から簿記に受かる勉強法 初心者から簿記に受かる勉強法 講師について

初心者から簿記検定に受かる勉強法を現役講師が解説します!

更新日:2016/08/05

  • facebook

はじめまして。簿記の講師をしております岩崎です。本サイトでは私の簿記の学習経験と講師経験を生かして、初心者が簿記検定を目指すうえで重要なポイントをお伝えしていきます。

まずは、簿記検定の基礎知識と、初心者が最初に目指すことになる簿記検定3級に合格するために必要なことを説明していきます。

イメージ

簿記講座の比較はこちら

初心者が最短で簿記3級に合格するには?

結論から申し上げますと、3級については「簿記の仕組みをきちんと理解すること」これにつきます。当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、やみくもに手を動かすだけ動かして、何をしているのかわからないまま時間だけを投下しているという方をお見受けします。特に初心者の方(経理業務は仕事でやったけど自分が何をしていたのかあいまいという方も含む)は、簿記そのものの構造を十分に理解し、その上で反復学習をすることが合格への最短ルートであると言えるでしょう。

簿記3級は簡単?

イメージ

まず、「3級だから2級より簡単」という思い込みが危険です。確かに、学習内容のボリュームや計算手順の細かさなどにおいては2級、1級が難しくなるのは事実です。合格率も級が上がるごとに低くなります。しかし、それすなわち「簿記3級が簡単」ということにはなりません。

なぜかと申しますと、初心者にとって簿記3級の学習とは、「簿記という新しい世界に飛び込むこと」だからです。引っ越しをしたとき、就職したとき、最初はわくわくしたけれども、その当時が一番大変だったという記憶のある方はいらっしゃらないでしょうか。新生活であればわくわくを楽しむ時間も素晴らしいことですが、簿記3級に最短で合格するためには、戸惑っている時間はありません。一言で申しあげますと、「学習初期でのつまずきが最短合格へ向けての大ダメージになる」というのが簿記3級の怖さです。

また、今、学習を検討されておられる方の中には周囲に相談したら「昔、簿記3級を取得したけど、独学でも簡単だったよ」と言われた経験のある方がいらっしゃるかと存じます。合格率が非常に高い時期があったこともあり、過去に取得された方にはそのようなアドバイスをされる方もいらっしゃいます。

しかしながら、今後変動があるかもしれませんが、昨今簿記3級の合格率が30%を切る状況が続いています。1回目の受験で合格した方の割合はもっと少ないはずです。忙しい社会人が最短で合格するには、「簿記3級は簡単」という思い込みを捨てることが最短での合格に近づく第一歩であるのは間違いのないところです。

簿記は計算?

学習初心者の方に「学生時代、計算が苦手でした」という方がいらっしゃいますが、全く問題ありません。

どういうことでしょうか。それは、簿記の内容が計算というよりは、言葉を習得する事に近いからです。少し記憶をさかのぼって、英語を勉強し始めたときのことを思い出してみてください。アルファベット、主語と動詞、etc・・・日本語との違いに戸惑った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

簿記学習でも同じことが起きます。簿記は世界共通の言語であるとも言われます。それは使い勝手が良いからであり、マスターすれば同様の会計基準を用いている多くの先進国の会計帳簿に向けてアクセスする力を持てることからも、そのように言われているのでしょう。事実、簿記試験会場で計算は電卓で行いますし、簿記3級において複雑な数式が出てくることはありません。新しく外国語を勉強するように気楽に始めてみて、世界を広げるのが簿記学習の楽しみの一つであると思います。

簿記の勉強に向いている人とは

実は簿記3級レベルにおいては向き不向きなどはありません。学習経験のない方・実務経験のない方であっても最短での取得は十分可能です。仕組みさえ理解してしまえば、あとは反復練習あるのみです。

ただ、その反復練習、新しい用語に嫌気がさしてしまう方がいらっしゃるのもまた事実です。自信がない方に向けたコツとしてお伝えできるのは、様々な簿記の取引のイメージがわくような説明を随時受けられるような環境、つまずいたときにすぐに質問できる環境、を整備する事です。

また、反復練習を一緒に進めていくような受験仲間がいることが支えになるという方もいらっしゃいます。

どのぐらい勉強すればよい?

「どのぐらい勉強すればよい?」というのはすべての初学者の最大の関心事ではないでしょうか。

特に、忙しい大人にとって勉強時間は最大のコストです。目安を提示しますと100時間程度の学習で合格ラインに到達するというのが目標です。しかし、経理業務経験のある方は短縮できるでしょうし、商業高校ご出身の方、また大学で経営系統の学部をご卒業されている方も、もちろん、勉強時間を短縮できる可能性をお持ちの方々です。

実は他にも、勉強時間が少なくても伸びてゆく方がおられます。それは「特別な才能には自信がないけど、『頑張った』と言える経験はあります」という方です。簿記3級において特別な努力は必要ありません。頑張ったという経験があればその時の頑張った経験を活かして、ご自身の学習方法を確立し、必要な学習量を確保しておけば試験会場で十分戦える実力がつくでしょう。

>> 簿記スクールの資料請求

簿記の講座選びならBrushUP学び簿記の講座選びならBrushUP学び

簿記のスクール、予備校、通信講座を検討するなら「BrushUP学び」の利用をおすすめします。地域を選択して、大手の学校から地域のスクールまで一括で資料請求ができるので、講座選びに便利です。

簿記の資料請求はこちらから