初心者から簿記に受かる勉強法 初心者から簿記に受かる勉強法 講師について

主婦の方が再就職で簿記を活かす4つのポイント

更新日:2017/03/22

  • facebook

このページでは「主婦の再就職」をテーマに、簿記資格の活かし方を、受験指導講師の視点でまとめました。勉強を始める前に意識しておいたほうがいい4つのポイントを解説します。

「簿記をなぜ学んだか」をハッキリさせる

イメージ

例えば2名の再就職者の面接を担当することを想像してみてください。

Aさん「よくわからないけど、周りの人にすすめられて簿記を勉強しました」
Bさん「短時間でも質の高い仕事をするために会計知識を習得しました」

どちらが魅力的ですか?

簿記は使い道の多い資格です。それだけに「つぶしがきく」というメリットもあるのですが、裏を返せば「ただ履歴書に書いてあるだけ」という人も少なくない資格です。一言でいえば「宝の持ち腐れ」という状況です。そうならないためにも、学びのスタートからゴールまでをまずは明確にすること。そうすることで、投資した時間が期待通りの結果で返ってくる可能性は、ぐんと高まります。

簿記はあなたの人柄を表現する手段

「宝の持ち腐れ」にしないための一つの方法をご提案します。それは簿記を戦略的に活用するために「周囲の人へのメッセージ」を構築することです。あなたが簿記の学習をしている姿を誰が見ても「あの人は○○という目的・きっかけがあって簿記を頑張っている」と言ってくれるようなキャッチコピーをつけるイメージです。

自分が希望する職種にはなぜ簿記が必要なのか、自分の人生経験と簿記はどのような相乗効果があるのか、といったことをまず整理されるとよいでしょう。100人の受験生がいれば簿記を学習する動機は100通りあります。前職の退職前に、経理の知識の必要性を感じておられたのかもしれません。あるいは退職時に「次はもっと長く勤めたい」という思いのあった方もいらっしゃるでしょう。はたまた家計の管理をきっかけにお金の流れに興味を持たれたのかもしれません。そういった気持ちとリンクさせることで、簿記の資格があなたを引き立てる、魅力的なアクセサリーになります。 一般的には「簿記検定で合格点を取った」だけでしたら大学生の新卒のほうが有利です。そこにプラスαを加えて、初めて再就職者の魅力がでてきます。

とはいえ、自分の売り込み方がわからない、簿記を取った後の再就職のアイデアがわかないという方もいらっしゃるかと存じます。そういう場合は、きちんと親身になってアドバイスをしてくれる存在を見つけるのも、人生の変化のきっかけになるかと思います。一部の予備校では、人材紹介会社を併設し再就職に向けた指導をしてくれるところもありますので、心配な方はそのようなサービスの利用を検討されてもよいでしょう。

求人票をいくつか確認しておきましょう

簿記の資格を再就職で生かすと一言で申しあげましても、いくつものパターンがあります。まず、一般企業でも、規模によって求人で要求される内容が異なります。また、簿記取得者の再就職先として、会計事務所・税理士時事務所等もポピュラーです。 雇用契約の形によっても正社員なのか、派遣社員なのかパートタイムなのかによって、必要なスキルが異なります。職種としても、経理メインをメインにやっていきたいのか、それとも、他の事務内容の一環として経理業務にタッチしたいのか、といった違いもございます。 再就職が目標なのであれば、おおまかかまわないので、希望する職場のイメージを持たれるとよいでしょう。そうすれば合格後にあわてることもなくなります。

きっかけづくりという気持ちで肩の力を抜く〜まずは簿記3級から〜

再就職を希望されておられる方にも、20代から30代で会社員生活を相当時間積まれて、その後産休・育休に入られた方もいらっしゃれば、一方、早い時期にご結婚され、事務としての実務経験があまりない方等、様々です。

どのようなケースにも言えることですが、受験指導の講師としてご提案できるのは、あまり高すぎる目標設定はしないほうが、長く継続でき、結果として大きな成果を得られるのではないかということです。もちろん難度の高い資格を取得して、再就職しようとする気持ちは立派です。しかし育児・家事等に忙しいお立場であることを踏まえると、無理は禁物です。

たとえ無理して必要以上に努力しても、理想的な再就職先が、いつでもあるわけではありません。難度の高い資格を目指している最中に、簿記3級でOKの求人に出会うことだってあります。再就職後にだって簿記の学習を継続することはできます。あせらず、「履歴書に新しい資格を一つ記入する」という気持ちでいたほうが、きっとうまくいきます。

何も、レベルを下げろ、と申しているのでは決してありません。主婦の方に限らずいえることですが、履歴書に記入できる資格を一つ取る、あるいは、合格発表日に自分の受験番号がホームページ上に掲載されていることを見つけて喜ぶ、こういった成功体験は大きく人を変えるものです。

合格という一つの成果で、人の表情が明るく変わっていく、毎日勉強を続けたことが大きな自信になっていく、そういった変化に受験指導者は日々接しています。今、再就職に向けての不安が大きければ大きいほど、結果を出して達成感を積み重ねていくことが有効になると考えます。

>> 簿記スクールの資料請求

簿記の講座選びならBrushUP学び簿記の講座選びならBrushUP学び

簿記のスクール、予備校、通信講座を検討するなら「BrushUP学び」の利用をおすすめします。簿記検定対策講座の費用と期間を級別に解説していてわかりやすいです。通信講座を中心に、全国の大手の学校から地域のスクールまで一括で資料請求ができるので、独学でやるか、受講するかで迷っている方にも便利です。

簿記の資料請求はこちらから