初心者から簿記に受かる勉強法 初心者から簿記に受かる勉強法 講師について

簿記Q&A

簿記って必要?「取っても食えない」は本当でしょうか?

更新日:2017/03/22

  • facebook

実務経験がないのに簿記検定を取得する意味はある?

イメージ

「実務経験なしで簿記を取得しても採用されないよ」

社会人学習者あるいは主婦の方で、他人からのこのような意見で立ち止まったあなたお気持ちはわかります。

この友人のアドバイスや、ネットでの噂は真実なのでしょうか。あなたはどう思われますか?確かに事実である部分もありますが、そうではないケースのほうが多いと考えています。簿記関連、経理関連の求人をひとくくりにせず、もう少し細かく分析する作業をしていきましょう。

【実務経験を気にしなくてもよいケース】


別の記事で経理に関する求人票の見方をご説明差し上げました。その際「未経験でも簿記3級を持っていれば応募して大丈夫ですよ」というお話をしましたが、もしあなたが、「会社の規模は問わず、しっかり長く続けられる経理事務をしたい」という希望をお持ちの方であれば、未経験でも簿記検定を取得し、応募するチャレンジする価値のある求人のほうが多いというのが私の見解です。
そして、そういう求人の場合、経理への興味・素養だけを確認していることもあり、簿記3級、できれば簿記2級をお持ちであれば、あとは面接できちんとあなたを表現する機会は与えられるのではないかと考えています。例えば、採用担当者が「今回は、採用基準として、人柄のレベルは落とせないが経理スキルについては譲ってもよい」と考えている状況です。

ちなみに、私も初めて経理職にチャレンジしたときは全くの未経験でしたが、簿記の学習経験はとても活きましたし、実際はその他の経験や資格との合わせ技で採用が決まったと思います。
その時の転職活動で役立った情報は、「簿記何級をとれば大丈夫なのか」という脅迫めいた噂話ではなく、「このような求人なら経理担当者として未経験でも可能性がある」といった正確なアドバイスです。まずは、あなたがどのような求人に応募したいのか、そこから整理されるとよいかと存じます。

とは言え、それはすべて学習をスタートしてからのお話。知○袋や発言○町のネガティブな発言を見て迷っているよりも、自分の目できちんと情報を確かめた方がプラスになるとは思いませんか?あなたの人生なのですから。まずは資料請求から始めて「どういうやり方なら頑張れそうか」とご自身の気持ちと向き合われることが建設的かと存じます。

資料を請求してリアルな講座情報を確認したい方はこちらから→

その前に、関連記事「簿記3級を持っていれば経理の求人に応募できますか?」はこちらから→

【ぶっちゃけた話、実務経験が重要なケース】


こちらはご参考程度に。それは中途採用のケースにおいて、完全に企業サイドが即戦力を求めているケースです。主に、大手企業の欠員補充の求人で起きります。社会人経験者の方ですと、求人を出す光景を内部からご覧になった事もあるでしょう。「こういう人物がほしい」とガッチリ決め打ちして求人を出すことがありますよね。
そのような場合、「なにがしかの経理経験があればよい」という曖昧なレベルではありません。

例えば「決算を完結できる」というように、ある程度正社員での経理経験があり、マネジメント能力も求められていることが求人票からわかるケースや、「移転価格税制、国際税務に通じている方」というようにグローバル企業で税務の経験がないと太刀打ちできないケースなどがあります。その場合は、確かに必要な実務経験がないと書類応募すらかなわないでしょう。保有資格が公認会計士だろうが、税理士だろうが、簿記1級だろうが、未経験者が書類ではじかれても、いたしかたありません。実務経験がないと無意味だよね、という意見は簿記・会計関連の求人のうち、このようなものを指しているのでしょう。

簿記を取ったところで食べていけないですよね。

資格の話をしていると必ずついて回るのは「食えるor食えない」の話です。さて、簿記検定はそれだけでごはんを食べていける資格でしょうか?あなたはどう思いますか。結論から申し上げますと確かに残念ながら、簿記検定は持っているだけで生活が保障されるような資格ではありません。でもちょっとお待ちください。
資格について、「食べていけない」という方は、どのような資格ならば「食べていける」と言えるのでしょうか。

私のような講師業をしていると、様々な資格保有者の方とお話しする機会があります。すると、一般的に「食べていけない」と言われているような資格でもきちんと生活を成り立たせている、それどころか、生き生きとお仕事をされている魅力的なビジネスパーソンに出会います。
逆に、一般的に難度の高い資格でも活かせていない方もいらっしゃいます。今、あなたにとって重要なのは、あなたがどのように簿記の資格を生かすのか、ということだと私は考えています。
例えば、簿記検定を再就職、転職の際のきっかけづくりにする。あるいは面接官にコミュニケーションを取るためのツールとする。経理職への意欲を見せる。こういった目標で仕事を手にし、その結果、あなたの生活が潤うのなら、簿記検定も十分あなたにとっての「食べていける資格」とは言えないでしょうか。

ちなみに「簿記はとっても食べられない」という人がもし、「司法試験か公認会計士試験なら受かれば安泰だけど」と付け加えるようなら疑ってみてもいいかもしれません。残念ながら、資格業界にいると、資格の序列思考のようなものを感じることがあります。司法試験受験が頂点で簿記3級が一番下、のような発想です。そのような旧態依然とした資格のとらえ方よりも、簿記学習を始めようと少しでも思ったあなたの向上心・センスのほうが、考え方としてはるかにすぐれているのではないかと私は強く思います。

まとめ

簿記に関してネガティブなイメージを持つ方もいますが、実際に仕事に役立てている方が多いのも事実。資格も取らずに意見してくる周りの声に惑わされず、実際に資格を役立てている人の話を聞いてみると、学習へのモチベーションも上がると思います。

これから学習を始める方におすすめの講座

簿記検定 3級合格本科生(Web通信)

費用 15,400円(税込)自分ペースに合わせていつでも、何度でも繰り返し受講できるのが特徴の講座。スクーリングが5回まで可能(無料)。

簿記3級パックWeb通信

費用 9,200円(税込)※期間限定価格(通常:15,000円)。Windows、Mac、スマートフォン、タブレットで視聴できる。目標検定月より1年延長可能。

簿記スクールの資料請求・比較(無料)はこちら→

簿記の講座選びならBrushUP学び簿記の講座選びならBrushUP学び

簿記のスクール、予備校、通信講座を検討するなら「BrushUP学び」の利用をおすすめします。簿記検定対策講座の費用と期間を級別に解説していてわかりやすいです。通信講座を中心に、全国の大手の学校から地域のスクールまで一括で資料請求ができるので、独学でやるか、受講するかで迷っている方にも便利です。

簿記の資料請求はこちらから