初心者から簿記に受かる勉強法 初心者から簿記に受かる勉強法 講師について

簿記3級の合格率を分析!学習時間・勉強方法も紹介!

更新日:2022/07/21

  • facebook

はじめて簿記を学ぶ方にとって、まず気になるのは合格率ではありませんか?

「ちゃんと合格できるのだろうか?」と不安を抱えているあなたのために、実際の合格率とその分析、さらに必要な対策までお伝えします。

読み終わったあと、安心して学習をスタートしていただけたら嬉しいです。

イメージ

簿記講座の比較はこちら

簿記検定3級受験者に関するデータとその分析


2021年5月現在の最新のデータは下記のとおりです。

受験者数 実受験者数 合格者数 合格率
第157回(2021年2月28日) 70,748名 59,747名 40,129名 67.2%
第156回(2020年11月15日) 77,064名 64,655名 30,654名 47.4%
第154回(2020年2月23日) 100,690名 76,896名 37,744名 49.1%
第153回(2019年11月17日) 99,820名 80,130名 34,519名 43.1%
第152回(2019年6月9日) 91,662名 72,435名 40,624名 56.1%
第151回(2019年2月24日) 104,357名 80,360名 44,302名 55.1%
第150回(2018年11月18日) 111,657名 88,774名 38,884名 43.8%
第149回(2018年6月10日) 101,173名 79,421名 35,189名 44.3%
第148回(2018年2月25日) 102,212名 78,243名 38,246名 48.9%
第147回(2017年11月19日) 113,559名 88,970名 35,868名 40.3%
第146回(2017年6月11日) 102,077名 80,227名 40,880名 50.9%
第145回(2017年2月26日) 105,356名 80,832名 38,289名 47.4%
第144回(2016年11月20日) 120,096名 94,411名 42,558名 45.1%
第143回(2016年6月12日) 106,558名 83,915名 28,705名 34.2%
(参考:日本商工会議所HP)

※第155回試験(2020年6月14日実施予定)は、中止となりました。

ごらんのとおり、合格率は40%〜50%程度です。
「なんだ!半分は合格するのか!」と安心された方もいるかもしれませんね。

ただし、一点だけ注意してください。

この合格率は「合格者/実受験者」です。

すなわち、「きちんと答案を提出した人のうち、何人が合格したか?」であって「申し込んだ人のうち何人が合格したか?」ではありません。
「自信満々だったけど落ちた」という受験生もたくさんいることでしょう。

ところで、気になるのは143回の合格率の低さではないでしょうか?
さらにさかのぼれば、もっと合格率の低い回なんかも、あるにはあります。

できることなら「どの回が簡単になりそうで、どの回が難しくなりそうか?」を知りたいものですよね。
しかし、残念ながらそれは、事前にはわかりません。
「何度か受験していれば、数回のうちに合格率が50%を超える回にあたる」という気持ちで、なるべく早くスタートし、継続して受験されることをオススメします。
「はじめて受けた回が、たまたまやさしい回だった」というラッキーも、もちろんありますからね。

>>オススメの簿記講座の資料をまとめて請求

合格点の目安と、そのために必要な勉強方法とは??


簿記3級試験は100点満点中の70点以上で合格です。

基本的にはすべて記述式ですから、マークシート方式のように「テキトーに書いたら偶然あたった」というようなことはありません。
しかし、基礎的な問題が多いので、きちんと必要なトレーニングをすれば、どなたでも合格ラインには到達する試験です。

学習を進める上での、ひとつの目標は「過去問を解けるようになること」です。
「過去問は見なくていいよ」という講師は、まず、いません。
ですから、「テキストの読み込み」や「講義を聞くこと」にあまり時間を使いすぎないように注意してください。

一般的に、簿記3級合格に必要な勉強時間は「100時間程度」と言われています。
ただし、試験後「100時間やったのに落ちた〜!!あの講師、ウソつきだ〜!」とうらみごとを言う方が全国に1000人以上いらっしゃいます(筆者推定)。

この100時間は「良質な100時間」のことです。
授業だけ繰り返し100時間聞いても合格はしませんし、1問解くのに1時間かけるというようなことをやっていては、やはり100時間での合格は困難です。

ここでの「良質」とは「過去問を中心とした演習問題」「時間を意識しながら解く」ことです。

「わからないことはすぐに質問する」
「理解のために時間を使いすぎない」
「問題を解いていてわからなかったらすぐに答えを見て、納得する」
「答えを見たところは、その場でいったん手を動かして自身で解答にたどり着く」

この4点を意識して学習すれば、100時間、あるいはもっと短時間での合格も可能になるかもしれません。

>>人気の簿記講座を一覧でチェック!

まとめ


日商簿記3級は、ほかの資格試験と比較しても、合格率は比較的高い試験です。

ただし、「自信があったのに落ちた」「あと○点足りなかった」という方も毎回たくさんいらっしゃるのも事実です。
その場合、総じて、普段の勉強のやり方がまずい、簿記検定のポイントを押さえていないという共通点が見られます

上記を参考に、あなたには効率よく学習をすすめていただき、ぜひ合格を勝ち取ってほしいと思います。

ゼロから簿記資格を目指すなら着実な講座受講がおすすめ。
>>人気講座の比較はこちらから

これから学習を始める方におすすめの講座


簿記3級パックWeb通信

クレアール

費用14,800円(税込)簿記の初歩的な知識の習得から学習をスタート。最新情報が反映された講義で試験傾向もおさえられます。
7月末まで期間限定割引で9,620円(税込)

>>簿記スクールの資料請求・比較(無料)はこちら

簿記の講座選びならBrushUP学び簿記の講座選びならBrushUP学び

簿記のスクール、予備校、通信講座を検討するなら「BrushUP学び」の利用をおすすめします。簿記検定対策講座の費用と期間を級別に解説していてわかりやすいです。通信講座を中心に、全国の大手の学校から地域のスクールまで一括で資料請求ができるので、独学でやるか、受講するかで迷っている方にも便利です。

簿記の資料請求はこちらから